急性腎盂腎炎体験記

腎盂腎炎、私が入院を選んだ理由

2015年5月2日

もうかなり前の話になりますが、読んでくださる方がいるようなので。

どのぐらいの症状で入院になるのか、入院はしないといけないのかという感じの検索がそれなりにありました。
私は体に明確な異変を感じてから、内科クリニックに駆け込むまで一週間かかりました。
その次の日から総合病院に入院です。

クリニックは最初毎日通って下さいと言いました。
徒歩だとというか一人だとそれしかないのですが 坂を10分登るところです、7月終わりです、熱が40度を超えています。

無理です

と、なんとなく家族間で結論じみたものが出ていました。
で、入院の相談を家族が先生にした。

医療側からの入院提案ではありません。

最初の異変で医者に行っていればそれほど悪化しなかったことは想像つくので、なんで入院する羽目になったかの答えの一つはちゃんと治療しなかったからです。
血尿放置ってほんと私アホですけどね。

早期の治療開始なら通院で治療できる病気だと感じています。

ほんと、私は自分の不注意で悪化させてからの治療開始だったことと、すでに家事能力もなしな状態で自分のご飯も用意できずなことが…そりゃ入院でしょと
この頃まともにご飯食べてなかったので入院だ食事が取れたのは助かりました。
た、だ、し、お金はかかりました。

入院するかどうかはいろんな判断がありますが、とりあえず血尿放置は完全NGです。

読んでいる人が多い投稿

-急性腎盂腎炎体験記

Copyright© ない、なにもない , 2020 All Rights Reserved.