Bipolar-Quest神奈川県双極性障害の会代表の個人ブログです~there is nothing there 躁とうつをたゆたうそんな日々 

ない、なにもない


急性腎盂腎炎体験記

急性腎盂腎炎で入院していました その6

投稿日:2014年8月23日 更新日:

4人部屋が個室状態に、看護師さん曰くこの部屋時々そうなると。
週末は帰宅する方もいますからね。

とにかく最後の夜さみしくご飯食べて。
やることなし。

いつもより早めに点滴を入れてずっと刺さっていた針を抜く。
最後の方はちゃんと腕だからよかったものの右手の甲のときは辛かった。


なお、一週間経っていた最初のクリニックの残念な点滴あとはこのときまだ残っていました。

起きて、着替えて…早!と言われました。
ご飯てべて本返して…夫早く来い!状態でぼーっとしてる間に
交代だからと挨拶に来てくれた看護師さんやお世話になった先生もいて皆さんにもう来ないで済むようにねとw

でも、次いつになるかわからないけど検診はこの病院にお願いしようと思いました。

夫到着後、忘れ物チェックしてナースステーションに挨拶、一階で入院費用払って一週間ぶりのお外に。

ここまてで入院体験の話は終わりです。

次から、必要だったものの話やお金の話、病気の原因や防ぎ方など書きたいです。


急性腎盂腎炎で入院していました その2

さーて翌朝 土曜日 一番に医者に転がり込む 向こうも用意出来ていて一番腕のいい看護師さんに採血をお願いする。 次の日は日曜日、たまたま先生は当番医で救急診療所にいるからかる? それとも紹介状書いて入院 ...


急性腎盂腎炎で入院していました その3

実の親と連絡が取れない、連帯保証人友人にたのむと言うなんだか家族ってなにと思いましたが 母は仕事用しか携帯を持たず何があるかわからないからと言っても他の携帯を持つこともしてくれなかったのでほれみろと思 ...


急性腎盂腎炎で入院していました その4

4人部屋を2人で使ってましたが検査入院でなんと病院スタッフが入院して来ました。 3人よればかしましいですね。 木曜日、朝いちばんで採尿と採血 この頃にはやっと点滴も腕からになっていました。 この日夫に ...


急性腎盂腎炎で入院していました その5

退院がきまりあとは点滴治療だけ、しかし退屈 退屈なのは治ったからだと同室のご婦人に言われました 入院と言うと気になるご飯、ご飯は美味しかったです 水曜ぐらいから完食できるようになりました。 まあ、おか ...

読んでいる人が多い投稿

-急性腎盂腎炎体験記

Copyright© ない、なにもない , 2020 All Rights Reserved.