Bipolar-Quest神奈川県双極性障害の会代表の個人ブログです~there is nothing there 躁とうつをたゆたうそんな日々 

ない、なにもない


急性腎盂腎炎体験記

急性腎盂腎炎 私が無視した体からのSOS

投稿日:2014年8月26日 更新日:

これも重複してしまうものがあると思いますが書いてしまいます。

1.人間ドックでの尿に細菌があると言う検査結果
この時の菌が原因だとは思いませんが、ここでどこか精密検査に行けば膀胱炎や腎盂腎炎の予備知識が得られたと思います。

2.血尿
普通見逃しませんよね?生理の終わりごろだったので続くようだったら、と保留してしまいました。

3.腰の激痛
椅子に座るのも立ち上がるのもいたいぐらいでした。腎臓に炎症があることで痛くなることを知っていたら最悪ここで医者に行くこともできたと思います。

4.高熱
38.5度の熱を市販薬で下げるとかしてはだめです!と今なら思います。運悪く目覚めたら木曜午後で市内の内科はどこも休診でした。翌日行った医者で総合病院なら救急窓口もあるし、救急車を呼ぶ勇気も必要と言われました。

私の場合後から振り返っても膀胱炎らしき兆候はありませんでした。
もちろんこの兆候があれば迷わず医者にだそうです。

あと、清潔を維持できていたかと言うと自信がない…
私は鬱になるとお風呂が怖くなるのでm(_ _)m

1〜4まで全部すぐに医者へ!なんですよね後から思うと。
特に2の血尿!絶対医者に行ってください。
多分この頃はもう尿も濁っていたりしたと思うのでその辺は日頃気をつけないといけないようです。

かかりつけのご近所の医者は必要ですね、私には引っ越してからのかかりつけの先生がいませんでした。
精神科に2週間に一度通っていたりプログラム参加の関係でその地域の医者情報は集まりやすいのですが電車で20分ほどの…ご近所とは言い難いので(T ^ T)
今回ご縁の繋がった近所の内科が出来たのはよかったかな?

Posted from するぷろ for iOS.

読んでいる人が多い投稿

-急性腎盂腎炎体験記

Copyright© ない、なにもない , 2020 All Rights Reserved.