双極

スティグマと病名変更 #世界双極性障害デー( #WorldBipolarDay)

ここ何年かで、わたしの知らなかったスティグマという言葉がじわりと出回ってる気もするししない気もする。
スティグマというのはざっくりいうと「偏見」のこと。
(ざっくりこの場合の意味を拾うとと言う話で直訳では無い)

昨今の報道ではないけど日本語で言えや!おらと思う。
まあ、偏見だけでないさまざまな意味を持つからあえての表記なんだろう、きっとそうだ。

こんな話がある。
双極性障害の障害という名前がスティグマを生む、双極症にすることで偏見が減る。
素晴らしい発想すぎて……

ちどり
不適切な表現をしそうになりましたお詫びも訂正も致しません。

mental disorderの disorderの和訳を全て「症」にする。
まあ、ありっちゃありかもしれない。
諸手を挙げて賛成ではないけど、あり。
少なくともわたしは。

しかし、双極性障害においては
はて?昔は躁うつ病(この漢字平仮名の表記も色々あるけどこれに統一)という名前だったわけで…
障害って名前付けたの誰?

まぁ、診断基準が変わったとかあれこれありますが。
振り回されてるなーと思うとともに、スティグマとやらがあるとすればそれは名前のせいではない気がするな。
分裂病から統合失調症に変更されたのとは成り立ちも違いすぎる。

さてね、スティグマ本体ですが。
この病気に対する偏見というのがピンとこないんですよ。
だって、精神科にかかってる段階である程度の偏見…というより無理解と誤解?はあるわけで
少なくともわたしにはそれ以上の何もない。
嫌な思いをしたことが居ることは重々承知しているけど、あくまでも私の場合はで。

ただ、やはり迷惑かけた方はそれなりにいて
その方々がわたしや病状について、どんなことを思うかは私が選ぶことではない。
それを偏見というのか?
誤解というのか?
難しいなぁ
だってその人たちは迷惑しただろうし、そこに病気は関係あるのだろうか?

精神科にかかっている段階でと書いたけど、
そうでなくても自分や身近な体験に対して以外は、誰だって理解が深いことも無いし誤解もすると思う。

自分が持っていないことを、
どこまで知る必要があり知る事が出来るか
難しすぎてわからないけど

取り合えず必要のある相手には、私こういうことがあるから位は伝えることにしている。
そして、その方法が万能であったり誰にでも有効であるとも思わない。

偏見や誤解や無理解は減らしていく方が良い、それはわかってますが。
なんかもやっとしてしまう毎年のこの日であるのでした。

だから双極月間は呼びかけ、なんです。

3月は双極月間です!

世界双極性障害デー、と言うものが数年前にできました。 なんだか国際の双極性障害の何かが決めたらしいです。 …雑だな。 うつ病学会が毎年フォーラムを開催しているけど、今年(2020年)は新型コロナウィル ...

読んでいる人が多い投稿

-双極

Copyright© ない、なにもない , 2020 All Rights Reserved.