つぶやき

障害者手帳はお得なクーポン券ではありません

神奈川県の民営バスの割引はまだか!と叫んでる人と同一人物の意見には見えないね

手帳保持者ではなくその周りの人の話です。
美術館や映画館の減免って、介助者も有効な時が多いですよね。
恩恵にあずかっている(いや、介助いらんでしょな感じの人の)同行者の話です。

以前の話ですが
身体障害者手帳保持者と
その娘と
さらにその息子と娘

おじいちゃんとママと孫たちですね

この4人で上野に行ったけどおじいちゃんが障害者手帳忘れたからどこにも入れなかった

という
は?
な発言をしたママさんがいまして。

いや、あんたの手帳じゃないしと口に出そうでしたがなんとか黙りました。
ちなみにおじいちゃんに介助は必要ありません。
そして、このメンバーで行動するときお財布を開けるのはおじいちゃんだったことも知っています。

よその家族のことなんてほっとけよと言われる前に書いときます、当時は関係のある人たちでした。

じっさいねー
マメにいっしょにでかけてた相手がある時期から手帳の減免のある有料催事しか誘って来なくなったとか私も経験してますし。

手帳はクーポン券じゃないというか、障害者はおまえのクーポン券ではない!と

最近そう思うことがまたあったので古い順に吐き出しました。

Posted from するぷろ for iOS.

-つぶやき

Copyright© ない、なにもない , 2020 All Rights Reserved.