Quest

Bipolar-Quest7年、もう桃や栗は食べられるんだね来年は柿?

なんのこっちゃ
なタイトルつけましたが

Bipolar-Questはなんとか7周年を迎えることが出来ました。
8年目ですよ旦那!って誰や?

一応簡単に挨拶は公式に出したので。
ちどりとしてのあれこれを

ほぼTwitterにアップしましたが💦

特にこの1年コロナ禍もあり思うように行かないことばかりで
非常につらかったですねぇ
本来割けるエネルギーも他のことに行ってしまうし。

それ以外の部分で言うと
自分たちがBipolar-Questはじめるにあたって
あちこちの地域でそういう集まりが出来るようになるといいね
というのは図々しいことにありました。

パッケージングとかフランチャイズとかではなく
うちはこうしましたよ
だけは淡々伝えたい
それは今も思ってますねぇ

人の多い集まりがいくつかあるよりも
人数の少ない集まりがたくさんある
と言う個人的な理想

人の多い集まりや法人さんは別の意味があると思っているので
ココではできるだけ触れない方向で。

そしてその理想の世の中を自分たちで何を出来た訳では無く
本日に至ると言う現状

そして
海老名→秦野→新横浜→横浜
→小田原
→朝霞

うーん1度図にした方が良いのかな
小田原はもっとやりようがあったような
私たちの手には負えなかったのか
やり方を間違えたか

意義のある集まりではあったけど
と思っている

朝霞は
現在悩んでいて
ここは転勤に寄る転居で一時的にすんでいるところで
せっかくだからやってみたスタイル
何ですよね

つまりいつ突然辞めるか自分たちにもわからない

突然辞めるって極めて迷惑なんですよね。
そのまえに1度定例はたたまないといけないかなぁと
最近感じてます。

とか、曜日とか決めないで常にゲリラとか

どちらにせよコロナ禍で
なんとも言えない状況ばかりなのですが。

Bipolar-Questの
双極性障害当事者の生き方を探求探索以外に

世の中
一部の福祉
一部の医療
一部の行政
一部の教育者
一部の自分は健常とおもっているひと

こういった人たちに
どうすれば私たちのように集まっていることが必要か
コレをなんとか伝えたいと思って

Bipolar-Questとして内向きの活動以外に外に向かって何か言って行ければ
そんな8年目に入ります。

ぐちゃぐちゃですが
今そんな感じ

-Quest

Copyright© ない、なにもない , 2021 All Rights Reserved.