Bipolar-Quest神奈川県双極性障害の会代表の個人ブログです~there is nothing there 躁とうつをたゆたうそんな日々 

ない、なにもない


診察

精神科クリニック転院しました

投稿日:2018年12月26日 更新日:

転院先での初診が終わったのでまとめます。



転院の理由

県をまたいだ転居をしました。
前の家にも用事があることと、タイミング的に障害年金の現況届や障害者手帳の診断書など今までの先生に書いてもらいたかったので1時間半の通院をしていました(行き先に泊まれる家があると重ねて書いておきます)
しかし、新しい土地でのサポートがないというのはやはり厳しく、また発達障害のサポートがなかったので思い切って通える範囲の発達障害を診られるクリニックを探しました。

転院先の探し方

地名プラス精神科でググりました。
その中から
発達障害の検査ができる(=治療ができる)
双極性障害について記載がある
近い

などの条件を満たしていたところを選びました。
あと、サイトがあまりに放置されているところは予選落ちしました。

初診の際用意したもの

クリニックから指定されたのは
紹介状
障害者手帳
過去の年金診断書
サイトからダウンロードできる問診票
でした

ほかに自分で
今までの治療やしてほしいことなどのまとめ
年表式の自分歴

を作成しました。

初診の様子

相談員

受付で個人情報の登録と各種書類の確認。
30分前に行きました。
かなーり待って(そりゃ行くのが早すぎましたから)まず、相談員さんとの面談。
このかたの資格名は聞いてません。
病歴と生育歴の聞き取り、今の病状と転院の理由。
双方で過去歴確認しながらだったので、少し楽にすんだと思ってます。
あとは紹介状に基づきヒアリング
検査希望の旨ここでも伝えました。

医師

相談員のヒアリングを元に今後の方針と、希望など。
薬の確認もしました。
薬はできれば朝晩ではなく夜一括にしたいと希望を出しました。
また、発達の心理検査ですが実はその部分について前の主治医の申し送りがなく(怒)説明に苦労したのですが、話しているうちに「たしかに!」と言われて検査の予約を入れました。

初診を終えて&感想

2時間近くクリニックにいたのですが、とにかく疲れました。
今までで一番聞き取りは丁寧だったかもしれません。
3割 負担で3000円ほど。
自立の手続きは事前をお勧めします。

あと、行ってみて気がついたのですが、小児もやっているようでそう行ったところも選ぶ基準なのかもと思いました。

次回以降で薬局の話書きます。

読んでいる人が多い投稿

-診察

Copyright© ない、なにもない , 2019 All Rights Reserved.