Bipolar-Quest神奈川県双極性障害の会代表の個人ブログです~there is nothing there 躁とうつをたゆたうそんな日々 

ない、なにもない


お薬とその関係 病気と法律

私たちは知らない【自立支援医療の件もグレープフルーツの件も】

投稿日:

以前、私たちは知らされていなかった?という投稿をした。

愚痴だと言ってしまえば愚痴で終わるし、勉強不足でしょと言われたらそうですねと言うしかない。

道交法や自動車運転死傷行為処罰法の時もそうだったし(そもそも2つ法律があることを知らない人が多すぎた)
自立支援医療の話は、上限2万円が人に自立支援医療の対象になるのは経過措置特例で平成27年4月からは対象にならない。
ということになっていたのが延長予定に切り替わった
コレが今日現在私が持っている情報です。

経過的特例措置対象者(一定所得以上(区市町村民税所得割が年23万5千円以上)の所得区分)の方へ
現在の経過的特例措置は平成27年4月以降も延長する予定となっております。

東京都福祉保健局サイトより引用

予定、の段階ですから案内してない自治体もとても多いですし、厚生労働省のサイトでは未だ見つけられません。
見つけた方コメントくださると嬉しく思います。
あと予定なので決定になるまで対象者に直接の連絡はないと思います。

そもそも、この対象ってある程度お金を持ってる人だからイイジャンみたいなことを言ってる方もいるんですが。
ある日突然医療費が三倍ですよ、例えばお酒や煙草を嗜む方、突然三倍の値段になったらどうします?比較が変ですが。
デイケアとか日数参加してるとめまいがしますよね。
それぞれ家庭に家計のバランスもあるし、何より治療計画が大きく狂うんですよ。
平成24年も同じようなことがあって言わばそこから3年永らえたのが更に延長(予定)なのですが。

私の知ってるこの対象となる人は来月からデイケアを少しずつ減らしていってという計画を立てていました。
そりゃそうでしょと思いますよ。
(その人は厚労省のサイトを常にチェックしていつ撤回や延長されるかと望みを持っていたそうです)

とにかく○年後に何倍になります、それまでにこれをこうしてとかみんな計画練るんですよ、このことを理由に減薬していった人も知っています。

ホントギリギリで延長とかだったらもっと前になんとかならんもんかと思います。
延長するんだからいいんでしょじゃなくて
患者は生きるために治療計画を練っているんです、お金の問題ってとても大きいです。

で、
次グレープフルーツ(苦笑)
苦笑と書いたもののこちらのほうが問題は大きいなぁと
まず、お薬の説明に書かれていなかったグレープフルーツNG薬が有った人が居た(薬局の問題か何かはわからない)
一般的に「グレープフルーツジュースで服用しないように」など同時に摂取しなければいいと解釈しようがある表現の説明も多い。

ましてや他の柑橘類なんて……しらんがな というのが正直な感想です。
長年調べなかった自分にも反省はしてますが。
実際「グレープフルーツ 薬」などで簡単に情報は手に入るんですよね。
私は晩白柚で引っかかったのですが
調べてもう、本当に嫌になりました。
喫茶店でミックスジュース飲むのに気を使う人生とか…
アレルギーの人はそうやって生活しているのかと思うと頭が下がります。

柑橘類もなんですが、
大阪薬科大学|(3)中国産セリ科生薬からの新規クマリン類の単離,およびCYP3A4に対する阻害作用

この様なフラノクマリン類を含有している生薬,漢方製剤,さらには,食品,香辛料,サプリメントにおいても,グレープフルーツジュースの場合と同様の薬物代謝阻害が予想され,医薬品との同時摂取には,十分な配慮が必要であると考えられる.

生薬、漢方製剤、食品、香辛料、サプリメント…なんてもう無理ですよ調べるの。
それ患者の仕事じゃない気がするし

発表されても見つけられないと意味が無い(T_T)

すでに存在はどこかにあるだろうが
自分の都合のいい研究や法律のポータルが本当にほしいです。
と言うか作るしかないのかなぁ(T_T)

人生とかヘタすると命に関わります、そういう種類の情報が見つけにくかったり見つからなかったりそもそも問題があるのかどうかがわからなかったり。

かんべんしてくれ。

読んでいる人が多い投稿

-お薬とその関係, 病気と法律

Copyright© ない、なにもない , 2019 All Rights Reserved.