お問い合わせ

お知らせ

冒険の書2017報告と御礼

2018年3月24日(土)に開催した
年間活動報告会 「冒険の書2017 備えよ常に躁とうつ」の報告と御礼です。
無事に年間活動報告及び懇親会を終了しました。
皆様ありがとうございます。

「活動したら報告する」はBipolar-Questのモットーの一つで有り昨年度も報告できた・何より報告することがあったことはとても喜ばしいです。
昨年度は、会としても個人としても精神疾患のセルフヘルプグループとして考えさせられることがたくさんありました。
また、そこからBipolar-Questにできるであろう事の可能性も考えてみました。
今後さらにそこから先に進んでいければと思います。

私たち当事者が集まっても双極性障害が医学的に治るわけではありませんし、それを目的にもしません。
でも、当事者だからこそわかること・できることはたくさんあります。

それが、Bipolar-Questに集う人たちや、どこかにいる同じ問題を抱えている誰かに届くように、また1年を頑張ります。

昨年お願いした「双極性障害・こんなこと何歳の時にありましたか?」のアンケート結果などは、後日何らかの形で皆様と共有いたします。
冒険の書当日のお手元資料は、4月ならBipolar-Questの集まりなどでお渡しできます。

ところで2016年度の冒険の書の報告で…

Bipolar-Questのスタッフ2名はどうも技術的なことや技法にこだわりがちでそこに追われたのか、「忙殺」だったのか?ちゃんと考えて作る予定だったスライドがありませんでした。
なので、改めて。

神奈川県社会福祉協議会さんのおかげで、年間予定が出せるような安定した活動ができていますセルフヘルプ・グループにとって場所を選ぶ・予約する労力がなくなるというのは非常に助けられています。

運営側としては、就職できた報告が今年度複数あったことなどの嬉しいこともたくさんありました。
報告会に参加いただけるというのも本当に嬉しいです。

なによりも、ここまで続けてこられたのは参加してくれた方々のおかげです。
また、情報の提供も多数受けました、本当にありがとうございます。

…という本当に大切なことをお伝えし忘れました。
申し訳ございません。
来年度はこう言ったことのないように気をつけます。

すみません、気持ちはちゃんと合ったのですがまた発表に入れ忘れていました。
本当に間抜けどうしようかと思っています。
今年度 今年度末はちゃんと

何らかの形で見守ってくれている方々
小田原評定の会場でお世話になっているおだわら市民交流センターUMECO様
そして会場から運営までがっつりサポートしてくださっている神奈川県社会福祉協議会様
Bipolar-Questに集ってくださった方々
2017年度もありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

最近の投稿

-お知らせ
-

Copyright© Bipolar-Quest 神奈川県双極性障害の会 , 2020 All Rights Reserved.