改正道交法など

運転免許取得と病気の自己申告

投稿日:

前の投稿についてまず、必ず双極性障害の人は診断書が必要なのはどこルールか?ということなどに皆様色々思うところがあるようなので個人的な体験経験からかけることを少しだけかきます。


まず、診断書が原則必要と言うのは神奈川県警のこれから免許を取る人のための適正相談のページにありました。
神奈川県警察/運転免許試験受験希望者の適性相談

更新の方は今までと同じように更新するでしょうし、そこで質問票に引っかかると診断書となるでしょう。
引っかからない場合に自己申告するかどうかの話は今はしません。
というか、そんな判断を本人ではない私ができません。
ただ、こちらのページを見ると病気には何も触れられていません。
神奈川県警察/運転免許保有者の運転適性相談

新たに免許取得の場合、色々調べた時に病気で診断書が必要と言われて、さらに自分の運転能力なんて分かるわけもなく。
そうすると原則必要というのが何かと言う前に必要なんだと思うのは自然ではと思います。

で、このサイト一応
Bipolar-Quest神奈川県双極性障害の会
と主な対象を神奈川の人としているので、神奈川県警に書いてあったり、電話や出向いて聞いてきたこと、つまり、
双極性障害で免許取得を考えるなら試験前診断書
と、なるんですよ。
だってそういうんだもん神奈川県警

必ず診断書というのが道路交通法に書いてあるわけではないです。
虚偽の申告の罰則や医師が患者について公安に届けることが可能であるとあるだけです。

で、うっかり適正相談に出向いて、色々控えられて
主治医には1年後まで運転可能と書くと言われ
ワーカーさんにはなんで警察に話ししちゃったの?と…怒られました^^;
とりあえず私の場合は診断書を出したほうがいい気がします。

以上、まだ原付も乗れないちどりでした。

Posted from するぷろ for iOS.

-改正道交法など

Copyright© Bipolar-Quest 神奈川県双極性障害の会 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.