双極性障害週間

2019年3月24日から3月31日

世界双極性障害デーについて

  • 国際双極性障害財団(IBPF)
  • 国際双極性障害学会(ISBP)
  • アジア双極性障害ネットワーク(ANBP)

により3月30日、ヴァン・ゴッホの誕生日が世界双極性障害デーに定められました。ゴッホが双極性障害だったという説に基づいてこの日となった様です。
双極性障害の啓蒙活動として、団体や個人による双極性障害に関わるイベントを促進します。

双極性障害週間ってなに?

双極性障害週間は、世界双極性障害デーを含む約一週間に双極性障害の当事者が場所や時間手法を問わず、双極性障害であるという以外の垣根を取っ払って集まりを持つことを提案する企画です。
開催期間は2019年は3月23日(土)から3月31日(日)です。

双極みんなで集まろうぜ、各自で

一つの大きな集まりを持つのではなく、様々な人が自主的に集まりを持つことができれば素晴らしいと思いませんか。

WORLD BIPOLAR DAY公式サイトによると このイベントは 「何かグループを作ろう、声をあげよう、そして、地域のミーティング参加しよう。」 と言っています。 双極性障害週間はそれに賛同する活動です。 (英語サイトだけど頑張って読んでください。)

双極性障害に関する集まりなら何でも良いんです

ミーティング・当事者会などはもとより、カラオケやボーリングやお食事会。
本当に何でも良いと思っています。
もちろん、ネット上でのチャットやハッシュタグ(#双極週間 #WorldBipolarDay)を使ったつながりも素敵だと思います。
ただただ、双極性障害の当事者が集まり何かを得ていく、そんな場がこの双極性障害週間をきっかけに増えていけば幸いです。

連絡先

Twitter
@bipolarweek

メールでのご連絡

投稿日:2019年1月31日 更新日:

Copyright© Bipolar-Quest 神奈川県双極性障害の会 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.