Bipolar-Quest神奈川県双極性障害の会代表の個人ブログです~there is nothing there 躁とうつをたゆたうそんな日々 

ない、なにもない


手続き 病気と法律

引っ越しや結婚で住所や姓が変わった時の手続き(精神障害者バージョン)

投稿日:2015年4月27日 更新日:

2019年7月19日改訂
先日長い付き合いの統合失調症の友達が嫁に行きまして。
嫁に行くという表現は好きじゃないのですが、遠方にまさに嫁いだのでまぁ今回はこの表現で。

その時にもう手続き関係の質問がたくさん寄せられまして(苦笑)
そういえば結婚したらするべき手続きって調べるの簡単だし、とりあえずゼクシィ買っとけですが、障害者がとなるとちょっと面倒なことは多いかもねと

なので羅列してみます。
例によって経験則からの書き込みです。情報の正確性の保証はいたしません。
会社や自治体によって色々違うと思います、参考程度にお願いします。

自治体を移動(引っ越し)する場合誰でもしないといけないこと

  • 元の住所からの転出(市区町村役場)
  • 新しい住所への転入(市区町村役場)

なお、同じ自治体の中での移動は転居届となります(市区町村役場)

まず最初に古い住所から転出すること、新しい住所に転入する必要が有ります。
婚姻が同時の場合は転入は一緒に手続きできる場合が多いと思います。
運転免許を持っている人はできるだけ早く警察で手続きしてください。
なぜなら、なにか手続きする度に「身分証明」を求められます。
お陰で私は引っ越す度に住民票を余分にとっておくことになります。
ここまではどんな人でも同じと思います。

障害者の転居や婚姻による扶養に必要な手続き

障害者手帳

自治体の福祉課などで手続きできます(自治体によって受付場所が違います、私が東京にいた時は保健センターが担当でした)
私の時は新しい手帳が発行された時に前の手帳を前の自治体に返してくださいと返却先の指示もないのに言われました。
手帳で受けることのできる制度などはこの時に確認しましょう。
貴方が思っているより自治体によって差が激しいです。多分

自立支援医療受給者証

通院先が変更の場合は新しい通院先と新しい薬局を登録しないといけないので用意しておいてください。
特に新しく診断書を求められたことは私はないです。もしかしたら課税の証明が必要な場合があるかもしれません。
手帳と同じ窓口でできると思います。
注!自立支援は管轄(都道府県や政令市)をまたぐと番号が変更になります。
福祉課で確認してください。
私のクリニックは転居後の通院の時に役所に番号の問い合わせをしました、融通を利かせてくれる機関もあります。
有効期限の残っている受給者証を持っていての手続きなら、登録した医療機関は即1割負担で使えます。

障害年金(受給)

厚生年金の人は年金事務所に、国民年金の人は自治体の年金課に確認してください。
(わたしはよくわからないので年金事務所に出向きました)
姓が変わっている場合は振込先の姓の変更もしておく必要が有ります。

年金(支払い)

サラリーマンの方はとくに何も無いと思います。会社に引っ越したこととか姓が変わったとか届出てください。
サラリーマンとご結婚して、扶養家族になる場合会社に届け出てください3号被保険者になります。
国民年金の方は自治体の年金課で手続きになります。

健康保険

国民健康保険は市町村役場で手続きしてください。
同じ自治体で国保→国保でも世帯が変わるので手続きは必要です。
協会けんぽや会社や業界の保険組合の方は担当部署に連絡してください。

扶養

婚姻でサラリーマンの方に扶養される場合
会社によっては前年の所得証明や、年金額の確認があります。
めんどくさい会社だとこの辺りの確認が取れるまで健康保険も加入させてもらえなかったりします。
会社に確認しておくこと、必要な書類は準備しておくことこのあたりは結構盲点だと思います。
(私がみごとにそれに引っかかり、前の自治体に非課税証明を依頼して、更に短期アルバイト分の記載が有ったのでそこを退職した証明をよこせと言われ泣きたかったです)
また、障害者控除を受ける場合手帳のコピーを必要とされることも有ります。

逆にパートナーを扶養に入れる場合はやはり上記の事を意識した方が良いです。

その他引っ越しの時や改姓の時にする手続き

運転免許

お持ちの方は早めに警察で手続きをしてください。
身分証明書になるので新しい住所や姓に対応させておいたほうがいいです。

運転免許のない方はこの機に住基カードマイナンバーカードを作るという手もあります。(写真が必要でした)
引っ越して名前変わるとホント身分証明困ります、ただこの制度マイナンバー導入されるとどうなるのかちょっと気になります。

マイナンバーカード

マイナンバーカードをお持ちの方は、住所記載の変更をする必要があります。
改姓も同じです。
転居の届けの時に確認してみてください、転居先の役場になります。

金融機関・クレジットカード

改姓の場合は免許やマイナンバーカードの改姓が証明できる欄、無ければ戸籍抄本が必要になる場合があります。
金融機関もクレジットカードもまず該当するWEBサイトを確認してみてください。
クレジットカードはものによってはネット上だけで手続きできます。
金融機関はネットバンクでない場合は、近隣の支店に出向くことになると思います。

各種会員手続き

ありますよね?通販とかその他いろんなもの。
住所変更を早めにしておいてください。
ネットでチェックですが、私はどこかの通販が電話でしか手続きできずに往生しました。
また、この機会に登録しているものの整理をするのも良いと思います。

用意しておいた方が良いかもしれないもの

ざっくりと書いてしまうと、事前に二通ぐらいの前年の課税or非課税証明は持っていたほうがいいかもしれません。(マイナンバーが施行されているため課税に対する証明を求められることは公的には減りました、会社などはわかりませんがいったん削除線入れます)(下に記します)
住所氏名が変わったら住民票と戸籍抄本をとったほうがいいと思ってます(お金かかりますけどね)
ついでに、婚姻の場合は婚姻届を出した証明ってのも存在します。
稀にコレも提出しろという会社もあるらしいです。
転出前に課税または非課税の証明も持っていた方が良い場合があります。
これは市役所の福祉課の方にアドバイスいただきました。

多分コレで書ききれていなくて、何か有ったら追加したいです。

読んでいる人が多い投稿

-手続き, 病気と法律

Copyright© ない、なにもない , 2019 All Rights Reserved.