病気と法律

障害者手帳の取り方、直球ではない

手帳ネタを温めすぎてるちどりです。

障害者手帳の取得の仕方がわからないという話をたまに聞くので、変化球で一度返します。
と、いうか私の場合。

…わたし、手帳を取ったのって年金証書で診断書なしで取れるからだったんです。
障害者年金の証書で手帳が取れるのは精神障害のみですが
等級とか考えずにラッキーぐらいにしか思っていませんでした。
当時、東京に住んでいて、区役所ではなく区に何箇所かある保健センターで申請でした。これは後述の32条や自立支援医療ですでに何度か行ったことがありました。
今思うと、この時診断書で手帳申請しておけば…と思います。
三級の年金では三級の手帳しか取れません。

神奈川に引っ越してからは担当は自治体の障害福祉課です。
今年初めて、二級狙いで診断書をお願いして多分大丈夫と言われたけど三級でした。
いわゆる厳しくなった説と関係あるかはわかりません。

とりあえず、年金を受給していない場合
主治医に診断書を依頼する
自治体に提出

と以外とシンプルです。

年金の等級でいいなら
証書を持って
自治体の窓口へ

印鑑や写真が他に必要だと思います。

ところでまあ、モノの順番としてまず、自立支援ということをよく言うのですが、公的支援の受ける順番なんて決まりはないわけで。
因みに自立支援医療は精神科通院費が一割負担になる制度です。
来年度から所得制限できます。
因みに、自立支援医療と障害者手帳を同時に申請できる診断書とかあるので主治医の先生と相談してみてください。

私が通院し始めた時は通称32条という通院費が0.5割になる制度がありました。
これが倍額になる制度に変わり…なのですが。

ここで余談を挟むと、自治体によって所得や保険区分で独自の減免制度がある、あったところもあります。

手続きも病院でしてくれるところもあれば、申請用の用紙を自力で役所からもらってこいなところもあります。

で、埼玉から東京に転居した時用紙もらってきてくれと言われたんですよ
で、区役所に問い合わせたら住所を聞かれてそれならどこそこの保健センターですと…どこやねん!でした。
これが前述のところの話です。

神奈川県内でも制令指定市ではまた違いがあるかもしれません。

Posted from するぷろ for iOS.

読んでいる人が多い投稿

-病気と法律

Copyright© ない、なにもない , 2020 All Rights Reserved.